2018年04月03日

春日神社の注連縄作り

平成30年4月1日(日)

春日神社の注連縄作りが黒川宮の下地区にて行われました。

9時30分頃より作業開始。
宮の下地区の15名程が参加。












15時頃に新しい注連縄を飾ることが出来ました。








投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 20:03Comments(0)
 

2018年04月02日

式年祭と山形公演のお知らせ

毎年5月3日は春日神社・例大祭が行われます。
また、今年は20年に一度の式年祭、王祇様の御衣替となっております。



通常であれば、10時より祭典となりますが、今年は9時からですので、お間違えのないように。





やまぎんホール(山形県県民会館)で黒川能の公演が行われます。


開催日時 平成30年5月26日(土)
開演   14:00~/ 開場13:30
上演演目 能「紅葉狩」「岩船」 狂言「附子」/ 黒川能下座
入場料金 【大人】2,000円 / 【小・中・高】500円

チケット発売
 平成30年3月24日(土)午前10時~
お問い合わせ
「やまぎんホール/023-622-7133」まで


投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 20:04Comments(0)公演春日神社 例祭
 

2018年03月26日

2018 春日神社・祈年祭

平成30年3月23日(金)
春日神社にて祈年祭が執り行われました。

10時より祭典(御祈祷など)

11時より能の奉納

上座 能「橋弁慶」



上座 狂言「附子」


下座 能「三輪」



14時頃に祭は終了。


黒川も雪解けが進み、春めいてきました。



次の春日神社のお祭りは5月3日春日神社・例大祭です。

投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 19:05Comments(0)春日神社 例祭
 

2018年03月07日

後片付け

毎年最終土曜日に黒川・蝋燭能は開催され、翌日曜日にその片付けをするのが慣例となっております。

その片付けの様子を少し紹介。


9:00に王祇会館に集合!

お馴染み、円になっての打ち合わせ。

各部署ごとに別れて片付け作業の開始!

春日神社の中を元の状態に戻していきます


使った道具は倉庫へ戻します

天気が荒れずに助かりました

王祇会館のホールも復旧

薄縁の片付け作業中


こちらは「もぐもぐタイム」中!


酒樽の乾燥作業中





午前中であらかたの片付け作業は終了!


皆様お疲れ様でした!

投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 19:02Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年03月06日

第25回 黒川・蝋燭能の動画



第25回黒川・蝋燭能の動画を鶴岡市ケーブルテレビジョンのサイトで視聴することが可能です。

鶴岡市ケーブルテレビジョン↓
「 http://www.k-c-t.jp 」

当日の様子が9分程にまとめられています。
サイト内のKCTwebをチェック!


投稿者:広報部Y  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 14:41Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年03月06日

第25回 黒川・蝋燭能③

黒川・蝋燭能 第二部・交流会

会場を王祇会館とし、郷土料理、地酒を振る舞い、実行委員、能役者達との交流を図ります。

16:30頃より乾杯!


こちらが今年のお品書きです。


役者、実行委員が接待!








交流会の中では抽選会があり、一貫蝋燭、黒川能カレンダー等を商品として用意。

見事、一貫蝋燭に当選された方々。
(3名様に当選)





(右端の方が当選者)

当選者全員が蝋燭能には初めて参加したとのこと。
※当選者の方々には掲載の許可を確認しております


楽しい時間が過ぎるのはあっという間、
18:00頃に閉宴となりました。


その後、実行委員はホールを一通り片付けてから集合写真を撮影。
それから反省会となりました。



蝋燭能に参加下さったお客様に御礼申し仕上げます。

また、実行委員の皆様もお疲れ様でした。


投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 14:30Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年03月04日

第25回 黒川・蝋燭能②

蝋燭能の開演は12:15から

実行委員長の挨拶、神事、火入れの儀を行ってから…

最初に下座による能「寝覚」(ねざめ)

簡単なあらすじとして…
信濃の寝覚の床にいる三帰の翁という人物が不老長寿の薬を与えているという話を確かめる為に、延喜帝の勅使が信濃の国に向かう。
寝覚の床で勅使と出会った老人が、寝覚の床のいわれ、三帰の翁のことなどを語り、自分が三帰の翁であることを明かし、しばらく待つように言って消える。
夜になると天女が現れ舞を舞い、やがて現れた三帰の翁は、自らは薬師如来の化現であると名乗り舞楽を舞う。
そこに二体の龍神が現れ翁に薬を捧げ舞働になる。
三帰の翁はその薬を勅使に与え、木曽の架け橋を渡り消えてゆく。

今年の蝋燭能のポスターに使われているのが三帰の翁。




能が終わってから休憩を挟み、14:30頃から
下座による狂言「節分」

節分の夜、留守番をしていた女のところに蓬莱の島から鬼が訪れる。
女の美しさに言い寄る鬼であったが、冷たくされ泣き出す。
その様子をみた女は、同情しなびくと見せかけ鬼の宝を取り上げ家の中に入れる。
鬼は横になり亭主気取りでいると、女は「福は内、鬼は外」と言って豆をぶつけて鬼を追い出す。



一斗枡に入った豆を客席にも投げまくる




最後は上座による能「鉄輪」(かなわ)

夫に見捨てられた女が恨みを晴らす祈願の為に貴船神社に参詣する。
社人は神託として女に、赤い着物を着て、顔には丹を塗り、鉄輪を頭に戴きその三つの脚に蝋燭を付けて火を灯せば、鬼となって恨みを果たせると話す。
女は人違いと言うものの、形相が変わり家に帰っていく。


一方、夫は夢見が悪いため、陰陽師・安倍晴明を訪れる。
本妻と別れ、新しい妻と暮らしていることによるにより女の恨み被り、命も危うい状況と見て、晴明は祈祷をする。


晴明宅に本妻の生霊が現れ夫の命を取ろうとするが、守護の神々に追われ消え失せる



16:00頃に演能は終了。


③に続く
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 18:13Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年02月28日

第25回 黒川・蝋燭能①

平成30年2月24日(土)
第25回黒川・蝋燭能が春日神社、王祇会館を会場に開催されました。

当日の様子を少し紹介。


8:00に実行委員は王祇会館に集合

御神酒、スルメを頂く


ホールにて打ち合わせ



黒川能伝習館前に受付を設置




伝習館内に休憩所として利用
売店も設置



演能を待つ社殿内


今年から椅子席を設置
段差も付けて、後ろの人も見やすいように配慮しました



外では共催イベント、雪蝋燭の準備も



今年は雪が多い!





②へ続く
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 22:49Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年02月26日

第25回 黒川・蝋燭能 終了!

平成30年2月24日(土)に開催された第25回黒川・蝋燭能



無事に終えることができました。
来場されたお客様に感謝申し上げます。

当日の様子も早めに更新したいと思います。
しばしお待ちを。

投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 20:28Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年02月23日

前日準備

明日に迫った第25回黒川・蝋燭能。

その前日の準備の様子を少し紹介。


催事部は調理室にて明日の料理の準備



会場管理部は神社内で準備


総務部は受付場所の準備
今年は雪が多いので除雪してからの作業


広報部は雪蝋燭の準備
さて、明日の夜はどんな風になるのかな



実行委員の皆さん、明日は頑張りましょう!






【お申込み・お問合せ】

〒997-0311 山形県鶴岡市黒川字宮の下291
「黒川・蠟燭能実行委員会」

黒川能の里・王祇会館
TEL:0235-57-5310/FAX:0235-57-5311
(Mail):kurokawa-nou@athena.ocn.ne.jp


投稿者:広報部Y  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 23:47Comments(0)黒川蝋燭能