2019年01月02日

「黒川・蝋燭脳」開催日変更

「黒川・蠟燭能」開催期日変更のお知らせ

謹啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
「黒川能は黒川で」の合言葉を掲げ、黒川地域で重要な祭典『王祇祭』の観覧抽選に漏れた方に、雰囲気を体験できる企画を設け、多くの皆様に観ていただきたいとの想いから、黒川能と地域の祭りや文化、風土、人情など合わせて体験できる地元での公演として、平成6年2月に第1回の『蠟燭能』が開催されました。

以来、多くの皆様からご好評いただき、四半世紀の節目にあたる第25回目を、平成30年2月に開催することができました。これも偏に、これまでご観覧いただいた皆様、この企画に賛同しご支援を賜りました関係各位のおかげと感謝申し上げます。

この蠟燭能というイベントは、黒川能と地域の祭りや伝統行事を継承していく一助となるよう、黒川能の若手役者や地域内外の有志により実行委員会が結成され、ボランティアにより運営されてきました。
しかし、産業や社会構造の変化、生活形態の多様化を受け、同月の王祇祭に関する諸行事や準備への参加も儘ならない状況もあり、引き続きになる蠟燭能の準備が能役者やスタッフに負担となる状況が見られるようなりました。
また、近年は王祇祭の抽選に漏れる人が少なくなった事もあり、蠟燭能の観覧者に減少傾向が見られ、イベントの停滞に苦心しておりました。

そこで、更なる向上に繋げようと、お客様にアンケートを実施してご意見を伺ったところ、中でも多いご意見が、季節柄たいへん寒く会場内の暖房が行届かない点。天候による公共交通の遅れや運休など交通の不便に関する点でした。
それを受け蠟燭能実行委員会として検討を重ねた結果、今回節目を迎えたこともあり、企画を抜本的に見直す事と致しました。

つきましては、下記の開催予定日まで1年間のお休みをいただき、新たな企画とこれまで以上に魅力的な新しい「黒川・蠟燭能」として再開するべく準備を進めて参ります。
長年ご愛好いただいている皆様には、急なお知らせに戸惑われる事もあろうかと思いますが、何とぞご理解のうえ次回の開催をお待ちいただければ幸いに存じます。
謹白

次回開催予定期日
2019年10月13日(日曜日)


平成30年12月吉日
黒川・蠟燭能実行委員会
鶴岡市黒川地区農業村落振興会
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 14:39Comments(0)黒川蝋燭能
 

2019年01月02日

第26回黒川・蝋燭能の開催日について

第26回黒川・蝋燭能の開催日についてのお知らせです。

例年であれば、2月の最終土曜日に「黒川・蝋燭能」を開催していましたが…

2019年2月に黒川・蝋燭能は開催致しません。
 
では、いつ開催するのか?

2019年10月に第26回黒川・蝋燭能を開催予定です。


開催日変更のお知らせが遅れてしまったことを大変申し訳なく思います。
第26回黒川・蝋燭能の概要が出来上がってきましたらお知らせ致します。
皆様からの変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

※たまに王祇祭と黒川・蝋燭能を混同される方がいるそうなのですが…開催日が変更となるのは「黒川・蝋燭能」です。
王祇祭の変更ではないのでお間違えのないように。
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 14:39Comments(0)黒川蝋燭能
 

2018年12月01日

2018 春日神社・新嘗祭

平成30年11月23日(金)
春日神社にて新嘗祭が執り行われました。

この日は霰が降り路面が白くなるなど、寒い日でした。


この度奉納された能は…

上座 能「大般若」



上座 狂言「柿山伏」



下座 能「鶴亀」



皆様お疲れ様でした(^^)/  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 08:30Comments(0)春日神社 例祭
 

2018年10月20日

第11回 黒川能保存伝承研究会

平成30年10月14日(日) 13:30〜
黒川能の里・王祇会館、春日神社にて黒川能保存伝承研究会が行われました。

今年は鶴岡市大山地区、椙尾神社宮司の宮野直生氏を講師に迎え、椙尾神社、春日神社の獅子舞の共演もありました。




最初は王祇会館にて、王祇祭、犬祭りの映像を鑑賞。


映像を見終わったら、春日神社に移動

参拝をした後に、獅子舞の共演を鑑賞

最初は春日神社の獅子舞





次いで椙尾神社の獅子舞





それから宮野直生氏による公演が行われました。



公演に関わった皆様、お疲れさまでした!





春にまた会いましょう(Φ皿Φ)

  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 17:01Comments(0)
 

2018年09月10日

せせらぎの能

平成30年9月8日(土)
鶴岡市あつみ温泉にて黒川能、山戸能の共演
「せせらぎの能」が行われました。

晴天であれば「朝市広場」での開催だったのですが、雨天ということで「温海温泉林業センター」が会場となりました。






18:30より開会

最初に山戸能から
※解説はパンフレットより抜粋

「座揃囃子」
太鼓、小鼓、大鼓による活気に満ちた囃子で、演能の初めに奏し、舞台を清める意味もあります。


「恋慕の舞」
大鼓、小鼓と地謡により、能に先立って舞う稚児舞で、公達と姫による大地を踏む曲の舞で、全国でも珍しいと言われています。



「猩々」
夢のお告げに従い酒を売り富貴の身となる高風。
彼の前に猩々が現れ、酒を飲んでは舞を舞い、酌めども尽きぬ酒壺を与える。



20時頃より黒川能上座による
能「橋弁慶」
五条の橋にて戦う弁慶と牛若。
打ち負かされた弁慶は牛若と主従の契りを結ぶ



せせらぎの能に関わった皆様、お疲れ様でした  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 11:55Comments(0)公演
 

2018年08月03日

第35回 水焔の能

平成30年7月28日(土)
鶴岡市櫛引総合運動公園 野外ステージにて、第35回水焔の能が行われました。

今年の演目は黒川能・下座による…

能「田村」
狂言「琵琶借」
能「鶴亀」

山形新聞などには「田村」の写真が掲載されてましたので、ここでは「鶴亀」のを掲載



  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 11:22Comments(0)公演
 

2018年07月21日

第19回黒川能アマチュア写真コンテストのお知らせ

多くの作品が集まることを期待しています



黒川地区農業村落振興会(黒川能伝習館)主催の、第19回黒川能アマチュア写真コンテスト作品募集ついてのお知らせです。

作品テーマ:①黒川能の演能場面 ②春日神社の祭事、地域の伝統行事など(風景)

応募点数 :一人3点まで。未発表の作品。(経験、技術は問ません)

作品サイズ:四つ切り・四つ切りW・A4判・B4判

応募締切:平成30年8月7日(火)

作品展示:平成30年8月11日(土)~9月2日(日)

展示会場:黒川能の里・王祇会館ロビー


  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 09:38Comments(0)
 

2018年07月20日

能面・能装束の特別展示のお知らせ

虫干しの時期に合わせて、能面、能装束が展示されます。

「水焔の能」の前に王祇会館に立ち寄り、見学したりなどしてはいかがでしょうか。




黒川能面装束虫干し特別公開展示の開催について

期日:平成30年7月26日(木)~7月29日(日)

時間:午前9時~午後4時30分 *29日(日)は正午まで

会場:黒川能の里・王祇会館
(多目的ホール・展示室他)

内容:能装束約15点(黒川能上座所蔵) 能面約40点(黒川能下座所蔵)

鑑賞料・・・1,000円
(王祇会館鑑賞会員証で3名まで無料)  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 17:37Comments(0)
 

2018年07月19日

「第35回 水焔の能」のお知らせ




開催日時:平成30年7月28日(土)

開演17:30 ~ 閉演20:50(予定)

会  場:鶴岡市櫛引総合運動公園
    (雨天:櫛引スポーツセンター)

演  目:能「田村」「鶴亀」 狂言「琵琶借」/ 出演:下 座

入 場 料:前売券2,000円/当日券2,500円(高校生以下は無料)

【お申込み・お問い合わせ先】
鶴岡市櫛引庁舎産業建設課/0235-57-2115
※ 黒川能の里・王祇会館でも前売券を取り扱っております。  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 22:07Comments(0)公演
 

2018年07月17日

羽黒山・花祭

平成30年7月15日(日)

羽黒山にて花祭りが行われ、そこで黒川能も奉納されました。





羽黒山の「蜂子社」にて黒川能・上座が以下の能、狂言を奉納

能「殺生石」
狂言「茶壺」
能「金札」

能「金札」の場面




こちらは花祭の様子









祭に携わった皆様、お疲れ様でした!


投稿者:広報部Y
  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 19:57Comments(0)