2016年10月23日

第9回 黒川能保存伝承研究会

平成28年10月16日(日) 13:00〜
黒川能の里・王祇会館において、第9回黒川能保存伝承研究会が行われました。

講師は昨年に引き続き奥田政行氏(アル・ケッチャーノ オーナーシェフ)。

アル・ケッチャーノを知りたい人は下のホームページを参考に↓
http://www.alchecciano.com/


受付を済ますと…奥田氏が提案した「切り合え」を使った料理の試食。




写真上が…「上座切り合えとナッツのペーストであえたパスタ」

写真下が…「ゴボウのペーストと牛タンの煮込みと下座の切り合え」

「切り合え」とは…黒川地区最大の祭、王祇祭で提供される料理の1つです。


13:30過ぎより講演の開始。


庄内の食の美味しさ、種類の豊富さ等について、地理的、歴史的な背景から紹介から始まり…


昨年のイタリアミラノ国際博覧会での話、自身がプロデュースするお店の話、鶴岡市のこれから…様々なお話をしてくださいました。



講演後には奥田氏も参加しての懇親会がありました。



来年も奥田氏をお招きしての保存伝承研究会が予定されているそうです。



投稿者:広報部Y

  


Posted by 蝋燭能実行委員会 at 02:38Comments(0)